公式ストア
コンタクトレンズをご使用になる前に、下記をお読みいただき、正しくご使用ください。また、使用上の注意もお読みください。
レンズの付け方
レンズのはずし方
レンズケアの方法

【基本的な装用スケジュール】

レンズの装用に慣れるまでのスケジュールは個人差がありますので、眼科医の指示を守り、無理のないスケジュールで装用してください。レンズを初めて装用する場合は、以下の例を参考に装用する時間を眼科医に相談し、徐々に装用時間をのばしレンズに慣れてください。

※最大1日8時間が標準装用時間となります。 就寝の際は必ずレンズをはずしてください。眼科医に指示された装用時間内であっても、違和感や刺激があるときは装用を中止して眼科で診察を受けてください。1ヶ月以上装用を中止した場合は、眼科医の指示に従って装用を再開してください。

【定期検診】

安全で快適にレンズをご使用していても、3ヶ月ごとまたは眼科医の指示に従って定期検診を必ず受けてください。特に異常を感じなくても、目に傷がついていたり、目のトラブルが進行している場合もあります。目の健康を保つために必ず眼科医の定期検診を受けて、眼科医の指示に従い装用をしてください。

使用上の注意

眼科医に相談する注意点
レンズの装用に関しては、いかなる場合も眼科医の指示に従い装用時間や装用スケジュールを守り異常を感じなくても定期的に眼科医の定期検診を受けてください。
点眼薬を使用する場合は、眼科医の指示に従い点眼してください。
装用中に痛みや、くもる・かすむ・ぼやけるなどの見え方の異常を感じたら、直ちにレンズをはずして眼科医に相談してください。
アレルギー疾患をお持ちの方は、レンズの装用に適さない場合がありますので、眼科医に相談してから装用してください。
高齢の方や小児で、レンズの取り扱いが難しい場合は無理な装用はせず眼科医に相談をしてください。
病気、妊娠・出産などによる体調の変化や、薬剤の服用、生活環境によってはレンズの装用に影響を及ぼす場合がありますので、眼科医の指示に従ってください。
装用中に化学薬品などが目に入った場合、すぐにレンズをはずして水道水などで目を洗い流し眼科医で診察を受けてください。
本製品着色部分が、光量を妨げ見えにくく感じられる場合や視野に違和感を感じる場合がありますが、次第に慣れ軽減されます。気になる場合は使用をやめ眼科医に相談してください。
本レンズは金属を含む着色剤が使用されていますので、金属アレルギーの方は眼科医に相談してください。MRI検査を受ける場合は予めレンズをはずしてから検査を受けてください。
お客様にご注意いただくこと
目に違和感があるときや、体調が優れない場合は装用しないでください。
レンズ装用中は目をこすらないでください。(角膜に傷をつけたり、レンズが破損することがあります。)
眠る前は(仮眠や昼寝も含む)必ずレンズをはずしてください。
水泳や激しいスポーツをする場合は、レンズが外れる事がありますのでレンズをはずしてから行ってください。
レンズを装用してテレビやコンピューターの画面を長時間見続けると、目が乾燥することがあります。常に完全なまばたきをするように心がけてください。
レンズの乾燥の原因となりますので、空調や扇風機などの風に目を長時間当てないようにしてください。
化粧品をはじめ薬品や塵や埃がレンズに付着しないようにご注意ください。
毒性・刺激性のある場所でのレンズの使用はしないでください。
レンズが目に慣れるまでは車やオートバイ、自転車の運転、機械類の操作はレンズをはずしてから行ってください。万が一、運転中や操作中に異常を感じた場合は、安全を確認して速やかに運転、操作などを中止してください。
夜間の車やオートバイ、自転車の運転、機械類の操作には不向きですのでレンズをはずしてから行ってください。
レンズをなめたり、口の中には入れないでください。
レンズを水道水につけないでください。
レンズを複数枚重ねて使用しないでください。
レンズケアの注意点
カラーコンタクトレンズは煮沸消毒できません。コールド消毒専用です。
ケア用品の添付文書をよく読みケアを行ってください。
レンズケースは常に清潔を保ち使用してください。
レンズの取扱についての注意
レンズに強い力を加えたり、摩擦を与えないでください。レンズの形状が崩れたり、破れたりする危険性があります。
レンズに異物の付着・傷・破れ・凹凸・変形・変色が見られる場合は使用を中止してください。
レンズを取り扱うときはレンズが破損する場合がありますので、爪を立てたり、ねじったり、折り曲げたりしないように気をつけてください。
レンズは、乾燥してしまうと使用できなくなりますので、常に保存液などで保存をしてください。
レンズケースに保存するときはフタにレンズをはさまないようにご注意ください。
破損しているレンズや、違和感のあるレンズは直ちに装用を中止し、症状が続く場合には眼科医の診察を受けてください。

上記対処方法を行っても改善がみられない場合は、眼科医にご相談ください。